数をこなす営業はどうなのか?

こんにちは。
やさしくてオシャレなイラストを描いております、イラストレーターのレミイ華月です。

2018年に結婚するまで丸3年営業職をしてました。

中でも特にキツい

・ノルマ有
・主に新規開拓
・飛び込み営業(法人)


をしていたのですが…

今日は大多数の人が経験した事がないであろう、この経験について書きます。
営業で悩んでいる方のヒントになるよう、客観性を心がけたので良かったら見ていって下さい。
※↓入社1年目の話です。2年目以降は確率も上がっています

数をこなす意味

金融系の法人営業でした。
詳細はご想像にお任せします。

さて、なぜ飛び込み営業をするのか?
圧倒的なレッドオーシャンかつお客様が進んで欲しがるような商品では無い為です。

入社して上司に『1ヶ月に100社を月2回まわろうか』と笑顔で言われました。

営業日は月に大体23日前後、200回訪問するとして単純計算で1日10社弱。
※実際は研修やアポの日も有、1日20社弱が目標でした

とにかく心を無にして、数にこだわって、毎月何とか達成していました。
数をこなす意味は…

・行動力をつける

・経験値を沢山積む

・試行回数を増やして確率を上げる

・一社にこだわりすぎないようになれる

数をこなす事でわかる事


最初は上司に言われるまま、がんばっていたのですがやはり辛い…
しかし入社して3ヶ月位ほどで、なぜ数をこなすように言われるのかわかってきたのです。

・確率が体感でわかってくる
(100社行ったら社内へ入れてくれるのが10社、アポが取れるのは1社など)

・担当地域の会社の雰囲気がわかってくる
(ホームページ等の情報ではわからない生の情報を知れる)

・自社やライバル会社の立ち位置がわかってくる
(お客様の態度で自社の好感度や雑談でライバル会社の話が出る)

やり続けたらどうなったのか?

数をこなし、わかってきた事を元に

仮説→行動→結果を見て又仮説を立てる…いわゆるPDCAサイクルを回しました。

するとコツコツ行動してきた事が形になり

・定期訪問を許して下さった会社多数

・従業員や役員(社長含)と顔馴染みになれた会社多数

・時々アポも取れるようになり、1年目から契約も取れた

・飛び込み訪問の限界を知り、他の手段も考える様になる
(地域の行事や会合への参加、電話、メール、チラシのポスティング等、考えうる手段を色々と)

まとめ

飛び込み訪問や数をこなす営業はとにかく辛いです。
特に入社当初は知識もほぼ無く、運良く話を聞いてもらえてもガッカリされる可能性大。

辛いし数だけこなして意味あるのかな?
当然思いました。罵声をあびる日もあり何度も心折れそうになりました。

でも今だからわかるのですが、やはり経験にまさる知識なし!です。
いきなり行っても話なんか聞くワケないでしょ?と思っても案外聞いてもらえたりする。

そしてチャンスはそう訪れるモノでなく、数少ないチャンスに120%発揮出来るよう普段から準備する事が大切でした。
アポ99回断られても腐らずに1回OK貰えた時に備える!

意外と行動を見ていてくれる人はいます。
半年~1年真面目に行動していると、お客様や上司も評価してくれ味方になってくれました。

ーーーーーーーーーーーーーー

イラストレーターとして開業後もこの経験はとても役に立ちました。
商材は変わってもやる事は一緒です。

1年目に下手くそな絵の寄せ集めでポートフォリオを作ってから今日まで…
恐らく100社以上にアプローチしてきました。

1年目は数をこなしても全く手応えがなく、絵柄に需要が無い事を知れました。

そんなこんなで今はお仕事をいただけるようになり、数の大切さを改めて知る今日この頃です。

その他の営業職時代の記事はこちら↓

人見知り営業の雑談術

ーーーーーーーーーーーーーー

このブログでは、イラストレーターとして活動する中で知った役立つ情報や、感じた事などもUPしています。

更新情報はTwitterにておしらせしていますので、ぜひぜひフォローして下さいね。

またお会い出来たらうれしいです!