人見知り営業の雑談術

大人の女性の為の『かわいい』を描く
イラストレーターのレミイ華月(カゲツ)と申します。

イラストで開業する前は、営業職をしておりました。
形の無いモノを売る、法人営業です。

華々しい成績は無いものの、ノルマ有営業を
3年間達成し続けた営業経験から

特に(私のような)人見知りの方に
役に立つかもしれないお話をします。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

営業とはすなわち、即興です。戯曲です。

ある時はお客様との関係性を深める為に
雑談という名の即興劇を演じます。

またある時はアポイントを取得し

『ゴール=成約』

という名のエンディングに向かってシナリオ劇を演じます。

シナリオ劇は大筋の脚本は決まっているのですが
マルチエンディングです(笑)

今回はどんな方にも役に立つ
即興劇(雑談)についてお話しします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<即興、アドリブの雑談について>

観察する点は相手のリアクションです。
まずはどんな相手でもYESを引き出せる話題
から入り、潤滑油にします。

今なら『暑いですねえ』『そうですねえ』
最初のひと言はこんなモノで十分です。

ケース1:相手と仲良くなりたい

・相手の事をある程度知っている場合
→相手が話したい話題を推測して質問する。

※人は自分が得たい情報について質問したり、会話を盛り上げようと自分の事ばかり話しがちです。人は自分が話したい事について話したいモノです。

・初対面など相手の情報が無い場合
→相手の身に着けているモノや、オープンにしている事について尋ねる。

※腕時計、ネクタイ、カバン…。良いなと思ったら素直にホメる。ムリしてホメない。お世辞はすぐバレます。
その他目に付く場所にあるモノは=話題にして欲しい、話題にしてOKなモノ(賞状、絵、ペット、ギター、ゴルフクラブなど)。
SNSで公開している情報も相手の興味や触れて欲しい事です。

ケース2:特定の情報が知りたい

・例えば結婚しているのか?恋人がいるのか?を知りたい
→まず自己開示する。相手のリアクションを見ながら核心に迫っていく。徐々に核心に迫った方が良いタイプと、直球で聞いた方が良いタイプがいる。

※『近頃友人たちがドンドン結婚して焦っているんです』『もう2年も恋人がいなくて…』などと先に自己開示しリアクションを見ます

大丈夫そうなら質問してみる
『どうしたら良い人見つかりますか?』
人はアドヴァイスをする時
自分の経験と照らし合わせる事が多い。

自然と相手の経験談を引き出せる。
結果知りたい情報を得られる可能性が出てくる。

ケース3:相手の性格を把握する

・例えば質問した時、返答の仕方ひとつで性格が出ます

→自分の事を話したい人、サービス精神の高い人
(返答し+α色々饒舌に喋ってくれる)

→警戒心が強い人
(答えない、はぐらかす)

→受け身な人、人に興味が無い人
(質問された事にしか答えない)

→視野の広い人、相手の立場に立てる人
(同じ質問を返してくれる)

→好奇心旺盛な人
(答えた上で、話題を多方面に展開してくれる)

→人の話を聴かない人
(質問の答えになっていない返事をする)

※会話のリアクションの予測が出来れば、仕事もプライベートも人と話す事が少しラクになります

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

営業は対人関係が大変重要ですし
対人スキルは努力次第で身につきます✨

ちょっと仲良くなりたい人がいる方
新たな人間関係がはじまった方
はたまたパートナーとの関係をちょっと変えたい方

対人スキルを身につければ
あなたの世界が少し変わるかもしれません。

営業さん向けの書籍など色々読んでみるのも
発見があって面白いですよ〜!

今日も読んでいただき、ありがとうございました✨