悲しいクリスマスしか知らなかった

こんにちは。
やさしくてオシャレなイラストを描いております、イラストレーターのレミイ華月です。

いよいよ年末が近づいてまいりましたね!
昔からこの時期は、否応なくクリスマスを意識してしまいます。

突然ですが私はイラストを描く時
見た方が和む、明るい気分になっていただく事を心がけています(全てでは無いですが)

以前は人生において『辛い…』と思う事が多く前向きな創作物に助けられてきた為、自分の作る物もそう在りたいと思うからです。

漫画、ゲーム、イラスト…辛い現実を忘れさせてくれる
本当にありがたい存在です!

心から愛されて過ごすクリスマスを知らなかった私が『前向きな創作物』というマッチの明かりを灯す…
そんなリアルマッチ売りの少女の昔話
良かったら聞いていって下さい。

――――――――――

私が青春を過ごしたのは90年代後半~00年代。
不景気といえどバブルの残り香とITバブルでまだまだメディアも元気。

TVや雑誌などで見る憧れのクリスマス

・暖かい家庭でごちそうを囲んで家族団らん
・愛しの恋人とロマンティックなデート

そんな風に過ごす事にずっと憧れを持ってました。

しかし現実は…

幼少期
→毒父(ギャンブル依存、DV父)のもと、クリスマスを家族全員で過ごした記憶無し

学生期
→彼氏がいた事も無く、友人とパーティするようなリア充でも無し。引き続き素敵なクリスマスに憧れるだけ

~20代
→彼氏がいたもののロマンティック無し。あちらがクリスマスに仕事なら会えず。予定が合えばケーキ位は食べたかも?(多分私の事そんなに好きじゃなかった)

いつもマッチ売りの少女気分。
街ゆく幸せそうな人々、寒さがより孤独に拍車をかけます。

キリスト教徒でも無いのになぜこんな辛いの?
365日ある中のただの一日じゃない!自分に言い聞かせます。
でもそう思えなかった。

クリスマスは『あなたは今幸せですか?』と
突きつけられている気がして…

多分一度でも暖かい記憶があれば、ここまで辛くなかったのです。

心から愛されて過ごすクリスマスを味わった事が無いから…

なまじメディアで素敵なクリスマスを知ってしまったから…

結局、私がクリスマスを心から楽しめたのは33歳になってからでした。

現夫と付き合ってはじめてのクリスマス。
イルミネーションを見て、大好きなパティスリーのケーキを受け取り帰宅。
ワインを飲みながらごちそうを食べ、プレゼントを渡し合う。

やっと…やっと私も憧れのクリスマスを過ごせた!
私の凍り切った心が溶けた瞬間でした。

注※
私の大好きな親友(女性)は何度かクリスマス一緒に過ごしてくれたと思うので、愛されて…とは又別ですが本当にうれしかったです✨

――――――――――

平凡なオチで大変申し訳ありません。

もし今、とても苦しい方が見て下さっていたら
どうか将来は幸せなクリスマスを過ごせますように。
心から祈りながら作品という名の火を灯します。

今年のクリスマスイラストは祈りを込めて描きたいと思います。

描けたらSNSにUPしますので、ぜひ見にきて下さいね😊

――――――――――

このブログでは、イラストレーターとして活動する中で知った役立つ情報や、感じた事などもUPしています。

更新情報はTwitterにておしらせしていますので、ぜひぜひフォローして下さいね。

またお会い出来たらうれしいです!