好き過ぎてヤバいので安易に手を出せない

突然ですが
「思い出のテレビゲーム」
について語ります。

ファミコンと同い年のレミイ華月と申します。

気がついたらファミコンが家の中にあって
当然のようにスーパーマリオブラザーズをやって
スーパーファミコンが出た事にはもう恋に落ちてました。

なかでも私の心を射抜いたのは
「RPG」というジャンルです。

日本を代表する2大RPGといえば
「ドラゴンクエスト」
「ファイナルファンタジー」
ですね。

どちらも5が出た頃
ゲームにのめり込みはじめました。
(調べてみたらどちらも92年発売でした)

子供って、狭い世界を生きています。
嫌な事があっても環境を変えられない。
やれる事だって限られてる。

そんな中ゲーム、とりわけRPGは
私に夢と希望と現実逃避を与えてくれました。

ゲームがあったからここまで生きてこられた
と言っても過言ではありません!

ドラクエ5は
「逆境にめげず力強く生きる事」
「人生には決断しなければならない時がある」
という事を教えてくれました。

FF5は
「とんでもないワクワク感」
「自分でキャラクターを育てる楽しみ」
を与えてくれました。

そんな当時の私が「神々の遊び…!」と
語彙力の無い感想で興奮したニュース

それは…

・FF7の凄いムービーでもなく
(好きです)

・スクウエアとエニックスの合併でもなく
(寝耳に水でした)

クロノトリガーの発売でした!

クロノトリガーのびびった所は
スーパーファミコンという限られたスペックで

・戦闘がシームレス
(前例が無い?)

・マルチエンディング
(終わらせ方を決められる)

・グラフィックが超綺麗
(ドットの芸術)

・ifを活かした面白さ
(歴史の改変)

・鳥山明の絵かわいい
(かわいい!)

スーファミ世代に思い入れあるゲームを尋ねると
高確率で挙げられるだけの事はあります。

そんなこんなで今日に至るまで
ずっとゲームに恋して生きています。
(FF7R絶賛プレイ中です)

…ですけどゲームって
「面白すぎて人生ダメになる」位に魔力があるので
今は距離を置いて付き合っています…

ゲーマーじゃない友人に話すと引かれるのが
昔は1日中寝る以外全てゲームに捧げていた事が
多々あったという事です…。

さすがに人生詰んじゃう…。

本当に好きな事を知りたい時は
一生食べるに困らない財産を手に入れたら何をするか?
と考えると良いらしいです。

そうなったら私
好きなだけゲームとお絵描きします。

山本さほ先生のマンガに毎回
共感しかないタイプのゲーマーです。

ゲーム好きな方ぜひ仲良くして下さい。