劣等感のはらい方

かわいい女性を描く事に情熱を傾ける
イラストレーターのレミイ華月と申します。

前職は営業職を3年ほど経験したのですが
劣等感を適度に克服できたから
なんとか続けられたのかな?と思います。

劣等感って人と比べるから生まれますよね。

そこで!成果を比較される厳しい環境で
3年やってきた私なりの方法を綴りたいと思います。


▶︎コンプレックス・私の場合

「性格」「出自」「学歴」
のコンプレックスがすさまじくて
長年辛い思いをしてきました。

大体父親のせいなんですけど‥

簡単にまとめますと

ギャンブル依存症で自己破産したDV父親に
全く興味を持ってもらえず
学費も払えないから奨学金をもらって
やっと高校を卒業しました。

だから家族の話はしたくなかったし
私立の高校へ行ったり、やりたい事がないのに
とりあえず大学行った友達が羨ましかった。

高卒で貧乏でずっとフリーターで
父親に愛されなかった自分が恥ずかしかった。

でも何とか劣等感を適度に克服できました!

▶︎劣等感をはらう方法

・自分が「自信無い…」「恥ずかしい…」
と思っている事をどんどん開示してみる

→開示する人は選びましょう。
(許容力のある人、苦労してる人等)
受け止めたり、受け流してくれたり
(バカにする人はほどんどいないハズ)

→何人もの人に打ち明け続けると
自分で思ってるより大した事ないのでは?
と思えてきます!

・ほめ上手な人を探して一緒にいる時間を増やす

→あなたのまわりにもいませんか?
人の良い所を見つけるのが得意な人
息を吸って吐くように人をほめれる人。

→私は自分のまわりにそういう人を増やして
毎日毎日ほめ続けられているうちに
自己肯定感が回復してきました✨

・小さな成功体験を積み上げる

→仕事でもプライベートでもなんでも良いのですが
ただの成功体験でなく、成功できた時に
「私ってやるじゃん!」って思える事が良いです。
そして失敗する可能性ができるだけ低いもの。

→私は過去仕事で積み上げていました。

→例えば「営業」新規開拓…辛いですよね?
人見知りかつ口下手なので苦手でしたが
チャレンジしている事自体がエライ!成功!
と、毎日自分で自分をほめていました。

・スキルを身につける

→成功体験と少し似ているんですが
自分自身のパラメーター(得意、好きな事)を強化して
劣等感と相殺するイメージです。

→私はビジネス書が大好きなんですが
間違いなく学歴コンプレックスの影響です。
学歴とビジネス知識は関係ないのですが‥笑

・謙遜はほどほどに

→日本人の美徳、謙遜。
過度にしてしまったりするので要注意です。
自分の言った言葉で自分が洗脳されていませんか?

→私は謙虚と言っていただく事も多いのですが
ほめていただいたら素直に受け止めるようにしています。

・適度に諦める

→諦めるというのは後ろ向きなイメージですが
どうにもならない事に固執すると前に進めません。

→過去は変えられないので
私はあえて暗い過去をオープンにしてます‥笑
そうしたら同じように苦労したけれど
今がんばっている素敵な方々と仲良くなれました!




非常に長くなりました。

過去の私のように劣等感の塊で
すぐ嫉妬したり生きていくのが辛い!
と思っている方の

ほんっっっのすこーーーしでも

お役に立ったら本当に嬉しいです!

お読みいただきありがとうございました😊