誰かを喜ばせたい時に考える事

書店で恋愛本コーナーを眺めると
「愛されるための方法」は山ほどあるのに
「愛する方法」の本は見当たらないと感じます。

誰かを喜ばせたいと思う時、それはどんな時でしょう?

例えば誰かの誕生日

「あの人が好きそうなものは何だっけ?」

「◯◯は去年もあげたしなぁ…」

と、毎回頭を悩ませませんか? 

そんな時にふと「誰かを喜ばす」がテーマの本はないかな?

…と書店をくまなく探してみても
ジャストミートな本が見つかりません!

最終的に1番近い
もしくは本質的な本でこれは!
と思ったものがあったので
その内容を思い出しながらご紹介します。

「愛を伝える5つの方法」と言う本です。

人それぞれ愛を感じる事が違い
大きく5つに大別できるそうです。

①肯定的な言葉
②一緒の時間を過ごす
③プレゼント
④尽くされる事
⑤身体的なタッチ

注※私の意訳です↑

この中のどれか1つしか愛を感じないと言うわけではなく
1位のものが1番響くそうです。
(同率1位がある人もいるかもしれません)

①肯定的な言葉
心からの言葉で褒めてもらう、共感してもらう
励ましてもらうなど。

②一緒の時間を過ごす
単に同じ空間は×(TVを見ながら×)
自分に興味を向けて話をしてもらう。
共通の趣味があれば一緒に打ち込むのも良い。

③プレゼント
プレゼントの値段はあまり関係がなく
回数(マメに)や自分の事を考えて買ってくれたか?
などが大事。手紙などもプレゼントに入る。

④尽くされる事
私のために何かサービス行為をしてくれた。
家事、日曜大工、荷物を持ってくれたなど。

⑤身体的なタッチ
ハグ(抱きしめてくれる)、握手、キス、肩を揉んでくれるなど。

どれが1番愛を感じるのか?を見分ける方法として
相手が日頃口にしている愚痴や不満
(自分に向いてなくても)を参考にする。

「あなたは私なんて興味ないんでしょ!」

「あなたはいつだって私にプレゼントなんてくれたことがない!」

など、不満は自分がそうしてほしいという願望の裏返し
であり、そのような言葉を聞いたら
「ああ、この方はこれをして欲しいんだなぁ」
とわかります。

もう一つの方法として
「相手が普段よくしてくれる事」を思い出す。

これは「自分がして欲しい事を相手にする」
単純にそういう事です。

基本的に自分がして欲しくない事は
相手にしませんよね?

だからプレゼントにしても
相手の事を考えているのは大前提としても
実は自分がもらっても嬉しい物をあげている人は
意外と多いと思います。

ちなみに私は不満から探った愛を感じる表現は
②一緒の時間を過ごすでした。

「父が私に興味が無くて悲しかった」

「父の興味がゲームだったから
一緒の時間を過ごしたくてゲームに興味を持った」

色々あり今では父の事が大っ嫌いな私ですが
幼少期の純粋な気持ちを思い出すと
これが一番の不満でした。泣けます。。。

誕生日の話に戻ります。これを参考にすると

①相手はいつも自分にどんなプレゼントをくれるのか?
(値段は?カテゴリーは?アクセサリー?1点豪華主義?沢山数で勝負?)

②手紙をくれる人か?
(手紙をくれる人は手紙付きだと嬉しいかも?)

③よく褒めてくれる、共感してくれる人か?
(感謝の気持ちや相手の良い所をプレゼントに手紙で添えたり、口に出すと喜んでもらえそう)

④何も言わずとも家事をしてくれる。
荷物をもってくれる。何かサービス行為をしてくれる人か?
(サプライズをしたり、誕生日にアレコレこれでもか!と家事してあげたり、デートの計画を立ててあげると喜んでもらえるかも?)

⑤話をする時は真剣に向き合ってくれる人か?
一緒にいる事を大切にする人か?
(一緒にいれる時間をたっぷり取る+普段の会話から相手の好きな事、興味のある事を企画して一緒に楽しむと喜んでもらえるかも?)

などなど!

私は自己中心的に生きてきてしまったので
たまにこんな事を考えております。

「愛を伝える5つの方法」
読んだ時にとても感銘を受けたので
ぜひ色んな方に知ってほしいなぁ!
と記事にしてみました✨

興味をもっていただけたらうれしいです。